アメリカ国内旅行

ダンバートン・オークス邸&庭園

ワシントンDCの見所、かなりまわったつもりなのですがまだまだ隠れた宝石があります。

週末いってきたのが、高級住宅街&おしゃれなお店が立ち並ぶジョージタウンにあるダンバートン・オークス(Dumbarton Oaks)邸と庭園。

名前の由来をあちこち調べたているうち、ストラビンスキーが通称『ダンバートン・オークス』と呼ばれる協奏曲を作曲していたということがわかりました!なんでも、ダンバートン・オークスのオーナー夫妻の結婚記念向けに依頼されて作ったそうです。

Youtubeで聞いてみたところ、ストラビンスキーにしてはトラディショナルな感じの曲でした。まあ、あんまり突飛な芸風を前面に出してもクライアントの許可がおりないかもしれないですしね。。

と、本来求めていたのとは異なる情報は手に入りましたが、肝心の「なぜダンバートン・オークスという名前なのか」はわからずじまい…。まあ、いいか。

このダンバートン・オークス庭園、とにかく広いし、バリエーションがすごい。ここは公園?というような広大な敷地が、いくつものミニ公園に区分けされ、パッチワークみたいに並べられています。ちなみに秋冬は入場料フリーcherryblossommaple

敷地内にハーバード大の研究施設があるだけあって?門構えも大学風。

183

こちらが邸宅(Mansion)。改装中です。

109

お庭コーナーに入ってぱっと目に入るのがこちらのプール。お呼ばれした方々専用、だそう。

123

石のつぶつぶでできたお庭もあります。題して「Pebble garden(小石の庭)」。

116

笹があったりしてちょっと和風。

150

鏡みたいな湖もあり。

153

木を編んで作ったふしぎなオブジェ。

真ん中に穴が開いているので、そこから写真を撮るとよいでしょう。(わたしは・・・撮りましたhappy02

168

とにかく広いんです。

142

温室もありました。寒い日にはありがたいです。

180_2

庭園の数はこんなものではなくほんとうに広大な敷地で、正直、途中で歩いていて「・・・もういい・・・」と一瞬飽きるくらいでしたcoldsweats01さらに、遭難したときの救命手段か、緊急連絡用電話が設置されていたのもびっくり。

付属の美術館でビザンチン美術展をやっていたので入ろうとしたのですが、荷物をロッカーに預けるための(小ぶりのバッグ以外は必ず預けないといけない)25セント現金を持ち合わせておらず、断念しました・・・。なんか似たような事象がつい最近もあったような。

邸宅はリノベーション中で閉鎖されていますが、庭園は変らず開放されていますので、ふらっと寄ってみてもいいかなと思います。

ザイオンのこりすちゃん

今年のサンクスギビング休暇はラスベガスを拠点にグランドキャニオンとザイオン国立公園に行ってきました。都会と大自然の組み合わせnightshine

ザイオンは、アメリカンにはとても人気のある国立公園だそうです。わたしも以前は聞いたことがなかったのですが、夏にイエローストーンに行ったときにユタ州出身のおばあちゃん姉妹に会い、「ザイオンは絶対行った方がいいわよ!」と強く勧められたので行ってみたくなったのでした。

断崖絶壁を下から見上げる絶景が続くのですが、本日のメインはこりすちゃんでheart02

遊歩道を歩いていると、遠くでかさこそやってるお方が・・・

545

あわててイチョウの葉っぱをあつめてます!

なんだか花束抱えてるみたいtulip

547_2
 

うわぁ、かわいい~lovelyと見とれてたら、ささっと林の中に消えていってしまいました。

ザイオン国立公園のHPから、生息動物リストをダウンロードして眺めていたのですが、どうやらこの子はRock Squirrel(岩リス?)らしいです。

ワシントンのいたるところで見かけるEastern Gray Squirrelやカナダから来たBlack Squirrelとも違った雰囲気のこりすちゃん。いろんな種類があるんですね~。

岩場にも小さなこりすちゃんがいたのですが、その子はまるっこくて短かく、寸詰まりな感じがなんとも愛らしかったです。なんというか、猫じゃらしの穂?とか、猫向けのねずみ型ぬいぐるみみたいな形。垂直、真横にぴゅんぴゅん飛ぶような動き方をしていました。

ふと、ChipmunkとSquirrelの違いってなんだろう?と思って調べていたら、大きさ(Chipmunkのほうが小さい)、動く速度(Chipmunkのほうがすばしこい)などの特徴からして、岩場にいたのはChipmunkだったのでは?という気がしてきました。あまりに動きが速くて、写真に取れなかったくらいなので、やっぱり初・野生のChipmunkだったのかも。

それにしても、可愛かったなぁ~happy02heart04

コロニアル・ウィリアムズバーグ

かねてから行きたかったウィリアムズバーグにいってきました。こちらも日帰り。

ウィリアムズバーグには、昔ながらの街並みを、小さな集落そのまま保存&復刻させた「コロニアル・ウィリアムズバーグ」があります。日本でいうところの日光江戸村、みたいなものでしょうか。建設にあたっては、ロックフェラーがお金を出してくれたそうですよ。さすが!

アムトラックでワシントンDCから南にのんびり4時間弱。ワシントンDc⇔ニューヨーク間だと、車内でWiFiが使えるのはアセラ(急行)だけなのですが、こちらはコーチ(普通)でもWiFiが使えるようになってました。

026

本を読んだりお弁当を食べたりうとうとしてたら、あっという間に到着train

車掌さんにもさよならpaper

029

ウィリアムズバーグ駅。かわいらしい駅です。

034

「コロニアル・ウィリアムズバーグ」内は車両乗り入れ禁止なので、駐車場とビジターセンターは駅から北に15分くらい歩いたところにあります。これが結構遠かった・・・。車で来ることが前提になってるので、電車+歩きの人、私たち以外にいなかったですね・・・sweat02

039_3

落ち葉の中を歩きます。

ビジターセンターでチケットを受け取り、専用バスでコロニアル・ウィリアムズバーグへ。このバスは園内を巡回してます。帰りの電車までは6時間くらいあったので余裕で見て回れるでしょ、と思ってたら受付の人に「あんまり時間がないから効率的に回ってね」とのアドバイス。そんなに広いんだsign01

園内の東端に到着。まずはキャピトル(議事堂)。立派です。

049_2

内部を見学したかったのですが、30分の説明つきツアーに参加することが必須条件だったので、まあ、全体を見てから決めよう・・・とあきらめました。

とってもいいお天気sun

047

昔の衣装を着たかわいらしい3人兄弟を連れた家族がいました。はじめは村人係なのかな~と思ってましたが、どうやらこの街にあわせて古風な格好をして、遊びに来たようです。

051_3

こんな感じで、町並みが残されています。こちらはメインストリート。お店やレストラン、郵便局、靴屋さん、鍛冶屋さんなど、いろいろ。

053

こちらは本職の方ですね。馬車もいっぱい通ってました。

052_3

路上でとつぜん演劇がはじまったり・・・

057_2

子供たちのパレードがはじまったりします。

062_2

おみやげやさんもあります。わたしは丸い石鹸と、イニシャルがついたマグネットを買いました。

066_2

そして、広場ではオークションが。

競りにかけられるのは、園内のお店で売っている食器、日用品、本、などなど。

ジンジャーケーキとアップルサイダーでお茶しながら、のんびり観戦。

074

お料理本をアピールするおばちゃん。このフリフリのボンネットが可愛くて、一瞬母に買いそうになりました。

街めぐり再開。こちらは武器庫。bomb

075_2

そして裁判所。libra

078_2

れんが屋さん。spa

083_3

なんで温泉マークかというと、後ろのれんがを焼く炉の上から水蒸気がたくさん出てたからです。

桶屋さん(Cooper)。Cooperって桶屋(または酒造どころ)って意味なんですね~。ゲイリー・クーパーって桶屋さんルーツなのか・・・な?bottle

087_2

家具屋さん。たんすやチェンバロなどがありました。チェンバロは自由に弾いたりしていいみたいでした。前のエントリでも書きましたが、こちらはクラヴィコードやチェンバロの組み立てキットが売っているそうです。わたしもほしいなぁ~eye

090

糸つむぎ屋さん。手芸店みたいです。かわいいな~。わたしもあみぐるみとか作りたい!

122

教会とイチョウの木。

123
ここのイチョウもきれいでした。

117_2

最後は、総督邸。17時まであいてるのかと思ってたら、16時までとパンフレットに。あわてて駆け込み、セーフdash

ちょっと西日でかげってしまっていますが、立派なたたずまい。

129
こちらはじっくりツアーで説明を聞きました。総督は、イギリス国王とヴァージニアの現地住民との間の板ばさみで苦労した上、住民にもあんまり人気がなかったとか。そのかわり華やかで気の利く奥様は大人気だったそうです。

こちらはボールルーム。なんと床がじゅうたんです。踊れるのかなあ。。

130_3
ここに集まる人はプランテーションの管理のために家族を置いて働いているという今で言うところの単身赴任の人が多かったため、夜通し食べ、飲み、みなさんなかなか帰ろうとしなかったそうですcoldsweats01

136_2

裏庭から見た総督邸。丸や三角にカットした植木がイギリス風です。

ちょうど閉園時間になったのと、電車の時間になったので駅まで歩いて戻りました。

帰りのアムトラックは爆睡confidentこころおきなく眠れるところが電車のいいところですsleepy

寝てたらすぐにワシントンのユニオン駅に到着。

150

構内の飾りが秋モードになってましたmaple

ほんとは1泊で行こうと思っていたのですが、コロニアル・ウィリアムズバーグだけ見るなら1日でも十分まわれると思います。車だと3時間くらいでいけるみたいですよ。rvcardash

ランカスター・アーミッシュ村の旅

少し前の連休の中日に、ペンシルバニア州のランカスターにあるアーミッシュ村に日帰り旅行してきました。

アーミッシュといえば、近代的な生活を拒否して、昔ながらの生活を送っているひとびと。男性は麦藁帽子風の明るい色の帽子に上下黒の洋服、そしてひげがもさもさ・・・というのが定番スタイル。女性はみなさんロングスカートでケープのようなものをかぶっています。

ペダルも使えないようで、上記のアーミッシュルックをしたおじさんがキックボード(ペダルのついていない自転車のようなもの)に乗り、地面を蹴りながら前進しているのを見たときはショーゲキでした。あと、ふつーの駐車場に停まった馬車からバスケットを持ち、ケープをかぶったロングスカートの女性が降りてきたときも「おおーっ」。なんだか古い映画を見ているような光景ですが、まぎれもない現代。

行く前は、テーマパークのように見所が一箇所に集まっているところを想像していたのですが、ほんとうにアーミッシュの方々の集落に普通にお邪魔させていただくため、村のあちこちに点在するマーケットや農場をぽつぽつ見てまわることになります。

アーミッシュの方々は写真を撮られるのが好きではない、と聞いたので、顔が写っている写真は今回はありません。

ワシントンから車で2時間ちょっと、9時半くらいに到着しました。観光案内所もまだ開いていなかったので、Bird-in-Handという村のファーマーズマーケットへ。

みなさん、さすが朝から繰り出しています。

023_2

わたしの大好きなアップルサイダーがありました。apple

024_2

ときどき「ただのホットアップルジュース?」って思うときもあるけど、ちゃんとスパイスが効いてました。あったかいのと冷たいのがあったのでもちろん両方!カップ1杯25セントcafe

ソーセージも名物らしいです。ということで、ホットドッグ。

019_2

試食をあちこちでしていて、日本風のレーズンパンがとってもおいしかったのででっかいひときれをもおみやげにしました。あと、パウンドケーキも購入。bread

ピクルスのお店。野菜はもちろん、たまごのピクルスまであってびっくり。

020

丸くて赤いビーツのピクルスを食べました。甘くておいしかったnote

おなかもふくれたところで、馬車に乗ってアーミッシュの農場に案内してくれるツアーに参加しました。Aaron and Jessica't Buggy Ridesというところです。割とメジャーみたい。

039_2

バギー(馬車)型かんばんがお出迎え。

ツアーの合間にエネルギー補給する馬くんhorse

035_2

さあ出発です。

二頭の馬の名前はサイモンとシド。ちゃっかり御者席?に座っているかわいいお嬢ちゃんはボストンから来たスパニッシュガールです。

085_4

畑の中を走るので、風景はこんな感じ。

041_2

馬車ししばらく揺られて、農場に到着です。

045

牛さんをいっぱい見ました~taurus

055

びっくりしたのが、近代文明にはノーサンキュー、で自動車も洗濯機も使わないのに、搾乳機は使っていたことです。効率化の波には勝てなかったか。

牛とお嬢ちゃんvirgo

061

農場ツアーが終わったところで、レモネードとプレッツェルの売り子さんがいました。

が、なんとキャッシュをもっていなくて我々のみ買えず・・・。アメリカはキャッシュレス社会なので、日常生活で現金でお買い物をすることがほとんどないのです。油断してましたsweat01

ほかの2組はみなさんおいしそうに食べて&飲んでました。いいな~。(数時間後、お化粧ポーチに20ドル札を発見してふたたびがっかり)

気を取りなおして。

馬車の下ですやすや眠るわんちゃん。

082

お天気がよかったので、ひなたぼっこ。気持ちよさそうです。

ツアーの後も、車でぶらぶらしました。

やぎさん。

105

ぶたさん。pig

106_6

これまた気持ちよさそうに寝ています。

にわとり。

112

かわいいミニチュア農具?が売り出されてました。

111

そして、道路をふつーに走ってゆく馬車。

108_2

自動車と同じ道路を走るので、ときどき馬車渋滞ができてましたcoldsweats01

畑を耕すのだって、馬の力です。

118

はためく洗濯もの。t-shirtdenimsun

113_2

のどかだったな~note

帰りは、「DINER」とでっかくネオンの看板が立っている昔ながらのベタなダイナー(けっこう好き)で遅めのランチをして帰ってきました。

128_2

日帰り旅行でしたが、大満足。

宿泊施設もあるので、アーミッシュ風のおうちに泊まってもまた楽しそうですnotes

機内アナウンス

こちらの機内アナウンスが好きです。
話す人によってバリエーションがあるから。

まずは女性キャビンアテンダント。

機内がざわざわしてるとき:

「お財布落としたひと〜!」

(ざわざわがぴたっと止まる)

「...というのは嘘ですけど、もうすぐ離陸するので席についてください」

そして、予定より大分早く目的地に着いたとき:

「はーい、今回は20分早く着きました!次回遅れる便に乗ったら、このこと思い出してね」

。。ちゃっかりしてます。

しかも両方とも、照れて笑ったりせず、事務的な口調なんだけど内容がカスタマイズされているので、おかしさ倍増。

続いて男性。

「窓から手を出さないでください!」

は若い声の割におやじギャグか!?と思いましたが、着陸後、気分がよかったのか

「楽しい旅を、どなたにも♪CON-TIN-ENTAL♪」

と、お歌いになりました。

ミッキーマウスマーチの節で。

コンチネンタルは顧客中心主義でユナイテッドは事務的、なんて言われますが両社統合後もこんな明るいクルーの方々、そのまま残って欲しいです。

オマハのおまけ

いちおうネブラスカ州で最大の都市、オマハ。空港からタクシーに乗ろうとしたのですが1台も見当たらず。タクシー乗り場でうろうろしていると、こんな装置を発見しました。

6322FBEE-F946-4D38-BF65-FCDD7D2AC807

題して「タクシーコールステーション」。

右下にスイッチがあり、昔のガチャガチャってまわすタイプのテレビのチャンネルよろしくオンオフを切り換えます。

ふと気づくと同じく不安そうに装置をながめるおじさんが。「これ、なんなんでしょうかね。。」とこちらの不安をもらすと「こんなの見たことないよね」と。

「タクシーを呼ぶにはオンにしてください」とあるので半信半疑でオンにして数分待っていたところ、来ました!ちゃんと。

「タクシーが来たらオフにしてください」って書いてあったけど、タクシーがちゃんと来たことに舞いあがってしまって、オフにしてくるのをわすれました。。

あのおじさんがちゃんとオフにしてくれてるといいんだけど。

オマハあれこれ

マイナス5度!のオマハにやってきました。さむーい!

分厚いダウンにもふもふの耳あて、マフラーぐるぐる巻きに手袋で完全武装しております。

なのに、ノースリーブですたすたと横を通り過ぎていくお姉さんがいますsweat01

「オマハに行くの」と日本人の友だちに言ったら「それは、君が好きなあの・・・!」と、うれしそう。「?」と思っていたら、「ネブラーシュカ」。

わたしの愛してやまないロシア・パペットアニメのキャラクター「チェブラーシカ」と「ネブラスカ州」(オマハの所在州)をかけているんですけれども・・・。ちょっと通かな。

ところで、こちらに来てから、飛行機に乗る→白人のおじさんorおじいさんに「日本人?」と話しかけられる→「軍の関係で日本に行ってたんだよ!」と懐かしがられる、というサイクルが恒例化しているのですが、今回もそんなおじさん、おじいさんにわんさかお会いしました。

これは国防総省のあるワシントンDC発着だからかなと思っていたのですが、今回はぜんぜん関係ない空港からの乗り継ぎ便でもそんなかたがたにお会いしたので、やはりアメリカ全国にいらっしゃるのでしょう。基地にいた人が多いので話はたいてい「ヨコータ」か「カディーナ」か「ミサーワ」のどれかの話になります。

ヨコータにいたおじさんは、日本語はさっぱり覚えなかったけど最低限の駅名は漢字で覚えたそう。おかしかったのが、アメリカンは、「立川」という漢字をを「ミルクシェイクとフレンチフライ(ポテトフライ)」っていう風に覚えるんだそうです!言われてみればそう見えなくもない・・・。

ミサーワにいたおじさんは、青森のホタテがいたく気に入り、アメリカのお酒と物々交換で漁師の方から大量に直接仕入れていたそうです。・・・って、これっていいのかな。パチンコややくざの仕組みもなぜか私よりよくご存知でした。

また、もう一人のおじさんは「フランス語訛りで英語をしゃべるフランス人のマネ」が得意だというので披露してもらったところ、めっちゃうまくてバカウケしてしまいました。タモリの中国語マージャン、みたいな感じです。なんでそんな技マスターしてるの?と聞いたら「戦争のとき、アメリカ人じゃないふりもできるといいと思った」。って、ほんとかなぁ。。

と、こんな楽しいおじさまがたくさん集うオマハですが。

なにもないんじゃない?と期待していなかったのですが、ダウンタウンは整備されていてとてもきれい。しかも、「オールドマーケット」という、駅馬車時代に栄えた名残のある地域があって、とっても雰囲気があります。レンガ造りの建物がたくさん。

たとえば、こんな建物。

411

中西部は空が広いですmist

414_3

ワシントンよりも冬が早いようで、だいぶ葉っぱが落ちています。

古めかしい看板あり、

455_3

昔ながらのダイナーあり。(単につぶれてるのかも・・)

456_4


夕日が当たってもまた絵になります。

461

1Fのコーヒーショップでアップルサイダーを飲みましたapple

アンティークのお店も。夜になってもまた違った雰囲気でいい感じ。

468

と、帰ろうかな、と思ったときにとっても可愛らしいカフェを見つけてしまいました!

479


このかわいさに大興奮。

473

壁は当然、レンガです。

席には全部キャンドルが置いてあって、外の寒さを忘れさせてくれます。

478

ホットチョコレートを飲みました。

なんと、今月オープンしたばかりのできたてほやほやのお店です。

ヒーリングものをたくさん集めたブックカフェなのかな、と思いつつこのカフェのハガキをもらったところ、なんとここはメソジスト教会の運営だそうです。カフェなのに日曜の夜には礼拝もあるとか。そして、キリスト教なのに、仏教や禅の本も置いてあります。他宗教にも寛容でいいですね。

えーっと、ぜひともはやってほしいので情報書いときます。

オマハ、訪れる機会がありましたら、ぜひheart04

◇Urban Abbey

1026 Jackson Street, Omaha, Nebraska

472

外からみるとやや教会っぽいかも?

ユニクロNY新店舗

10月14日にオープンしたてのユニクロNY店。五番街におでましです。開店してから数日後だったので入場制限するほどではありませんでしたが、それでも結構な混みよう。入口は3階までの吹き抜けで、めっちゃ広いです!!

E126EA2C-3C75-46C9-9433-8C140357D6F5

オープン記念でヒートテックのセールをやっていて、大量の靴下とともに大人買いしてしまいました。友達の分まで。気づけばユニクロでフィーバーしてたのは、シカゴから合流した先輩とわたしだけだった。中西部はワシントンよりずっと寒いものね。。

アメリカンの反応を盗み聞きしていたところ、「安いな〜」、「こんなにバリエーションがあって選べない!」、「広くて迷うな」。そうでしょうそうでしょう。ちょっと心配なのが、見た感じでは日本のサイズ展開をそのまま持ち込んでるっぽいこと。こちらのサイズは日本のサイズと1〜2コずれるので、アメリカでいつもMを買っている人が日本のMを着ようとすると入らない場合がある。アメリカは返品文化なので大量に返品されないか心配。でもまあ、初店舗ではないし、だいじょうぶなのでしょう。

ドメスティック時差ぼけ

はー、やっとの思いでラスベガスより戻りました!もちろん、カジノは一切やらず、ついでにショーも観ず。ラスベガスでは貴重なカジノのないホテルを見つけて、ひたすらお仕事&たまった『Newsweek』と『The New Yorker』を読んでました。

そして今、丑三つ時なのですが、眠れない・・・sweat01時差ぼけ?

DCは東海岸時間、ラスベガスは西海岸時間なので3時間の時差があります。いまDCでは夜中の2時ですがラスベガスはまだ23時。余裕で起きてる時間です。

以前は東南アジアによく出張してたのですが、「時差が2時間」のパターンが多かったです。2時間という小さな時差でもびみょ~に効いてきて、なんとなく眠いような感じが続いたこともありました。

2時間でも調子が狂うのだから、3時間でちょっと眠れなくなっても仕方ないですよ、ね・・・?

眠れないついでに本日の模様を。

ラスベガスのホテルを出、コスト意識が素晴らしく高いわたくしは空港までのバスを待っていたのですが、なかなかこないbearing予定時間を15分、30分すぎてもまだ。そのうち、オマーンに出稼ぎに出ているヨルダン人の友達から電話がかかってきて「ハーイ、人生はどうだい」。中東の人って、いったん腹を割るとものすごくフレンドリーなのです。10分くらい世間話をして、すごい懐かしさに感激してたらバスのこと一瞬忘れたけど、電話切ったらまた思い出しました。でもまだ来ない~sweat01

さすがにこれじゃあ乗り遅れる、ということでタクシーに乗ったのですが、運転手さん曰く「あー、この時期暑いからバスよく故障して止まるよ」と。世界経済No1とは思えぬ告白ですね。。ちなみにその時の気温35℃でした。それから、こちらには、バス停の番号を携帯電話でテキスト(ショートメッセージ)すると、バスの到着時間を返信してくれるサービスがあるのですが、試したところ時刻表どおりの時間が返信されてくるだけで、実際バスがどこにいるかをトラックしているわけではないことがわかり、がっかりbearing

空港であまりに疲れたのでセキュリティチェックのときに、シャンプーとか化粧水とかこまごま300mlくらいあったのをスーツケースに入れたままスキャンにかけてしまったのですが、お咎め無しで通っちゃいましたeye持込って確か100mlまでだったような。。適当ですね~。

以前、液体でセキュリティに引っかかっていた女子がいました。その時、彼女のカバンから出てきたのはなんと2種類のドレッシング(ランチとサウザンアイランド)および巨大なチューブ入りの日焼け止め。彼女はいたく傷ついたようで、TSAの人にかばんを開けられて、「なんでわたしがこんな目にあわなきゃいけないの」と泣いてました。いや、それはつかまるだろう・・・と横目で見ながら思ったのですが、今日のわたしは没収されてもおかしくなかったかも。

と、ここまで書くのに10分くらいかかりましたが、まだ眠くならないです。うーんと、あっ、今回往路の飛行機が、窓側でも通路側でもない中間席しか空いていなくて、ええーやだなあ、と思っていたら直前に窓側の席が空いていたのでオンラインで取り直しました。で、よくその席の番号を見たら「13F」。ん?ちょっと「13日の金曜日」に見えないこともないなあ。縁起を担ぐ人が変えたのかも!なんて思っちゃいました。

そんな13Fに座っていたのですが、4時間半のフライト中、隣のおばちゃんが音楽を聴きながら、かつまわりのおばあちゃんも巻き込みながらノリノリでずっとエクササイズしてました。元気だな~と思っていると、なんでも看護師さんだそうです。なるほど、だからポジティブ&元気なのね。ラスベガスに住んでいる彼女、DCへは出張だそうで、しかも明日の朝7時半から会議とのこと。ふーん、と一瞬流したけど、よく考えてみたらDCの7時半=ラスベガスの朝4時半ですよね。うわー、おつかれさまです。。東から西に行くのは楽だけど、その逆はつらいんだなあ。国内でも。

眠れないのをいいことに、徒然なるままに書いてみました。ひさびさの長文日記がこれですか・・・という感じですが、イエローストーン、本当に感激したので、ぜひぜひ書かねば。気長にお待ちください~heart04

ラスベガス

超リスクアバースなわたしにもっとも似合わない街、ラスベガス。NYをバックに従えた自由の女神がいました。しかもジェットコースターつき。。01A7724F-E2B1-41C5-9712-E18EC78DD666
今回初めて空路で入ったのですが、空港内にスロットマシンがずらっと並んでいてびっくりしました :0