« Kindle Touch | トップページ | Zoo Lightsふたたび »

わたくし的Kindle比較

注文から稲妻的速さthunderで届きました、ボタンつきKindle。日本では「キンドル4」とか「第4世代キンドル」と言われているものです。

001


早速あけて、Kindle Touchと並べてみました。

002

Kindleが気持ち小さい。Kindleは初期画面(USBに接続しなさいとの指示)ですがKindle TouchはWiFi接続済みなので、LivingSocial(グルーポンみたいな会社)が提供しているディール(お得な情報)の広告が出ています。

そしてうしろにひっくり返すと・・・

005_3

ちゃんと「技適マーク」(技術基準適合証明マーク)がついてます!上列右から2つめの、昔の郵便局を思わせる記号。電波を発するデバイスはこのマークがついていないと日本で使っちゃいけなんだって。(と、同期に教えてもらいました。ありがとう!)Kindle、Kindle Touchともについてました。これで帰国後も使える、ほっhappy01

ところで、今回わたしが比較したかったのは

・重さ

・色

・操作性

の3つのみ。レビューが簡単です。

まず重さ。

KindleはTouchに比べ、「おっ!?」というくらい軽いです!50グラムの差は大きい。少しでもかばんを軽くしたい人にはうってつけですね。でも、ぱっと持った感じはKindleのほうが軽いのだけれど一度読み始めてしまうと(ひざに置いたりするので)あまり重みを感じない、ともいえます。

次に色。

Amazonの写真では、光の関係かKindle Touchの方が本体の色が明るく見えます。濃いグレーよりも白っぽいほうが可愛いなあと思っていたのですが。。

色、まったく同じでした。

最後に操作性。

Kindle Touchがタッチスクリーン操作を売りにしているだけあって、ここが一番差が出ました。Kindle Touchでは、ページを行ったりきたりするのに大体の右、左という場所をタップすればいいのだけれど、Kindleだと当然ボタン送り。ボタンが本体の右左についているのはいいのですが、片手(たとえば右手)で持ちながら右手の親指でボタンを押すのはちょっと厳しい。落っことしちゃいそうです。

一方、Kindle Touchだと、本体を持ちながら親指で簡単に画面をタップできるので簡単です。本体もボタンを押すたびにぐらぐらする、なんてこともないし安定してます。

それからKindle Touchのほうが各種メニューを直感的に操作できるのでいいですね。はじめにKindle Touchを触ってみたので、その後Kindleを操作したとき、わかってるはずなのに画面をタップしてしまったことが何度もありました。

また、アルファベットの入力も、Kindleはカーソルをボタン操作して1つ1つ入力決定しなければならないですが、Kindle Touchの場合はソフトキーをそのままタッチすればいいだけ。ボタン操作しか知らなければ不便と感じないのでしょうが、比較してみるとタップ操作のほうが断然簡単・快適です。

003

キー入力はKindle Touch(右)の圧勝。

おまけで画質について。

文字を表示中の静止画質は両者おんなじだと思いますが、少し気になるのがKindle Touchをページ送り等で切り替えるとき、画面の切り替わりが派手(一瞬文字が乱れる感じ)なこと。Kindleのほうが切り替えがスムースな気がします。でもこれ、設定とか個体差のせいかもしれない。

で、気になる総合結果は・・・

やっぱりKindle Touch!shine

に決定しました~!

軽さにひかれてKindleをお取り寄せしてみたものの、やっぱりKindle Touchの画面タップに慣れてしまうと、煩雑なボタン操作には戻れない・・・。ちょっと重かったり、画面切り替えがあれれだったりするけど、文字を読んでる間はきれいに表示されてるのでよしとしましょう!手始めに、Amazonにある無料の書籍をダウンロードしてきて楽しんでますnote

« Kindle Touch | トップページ | Zoo Lightsふたたび »

コメント

なんかけったいなオモチャを買いましたね♪

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

WSHはちょっと暫く行く機会がないかも・・・・。

今年は色恋沙汰の記事も期待しちょります♪

クラたん、

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします!

はい、なかなかおもしろいものを買ってしまいました・・・。
紙がなつかしい感じがしつつも楽しんでます。
カバーを自作したい気分になってきました。

あれー、来る機会ないの?残念。
色恋沙汰、って、ネットで世界に向けて発信しなくても(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Kindle Touch | トップページ | Zoo Lightsふたたび »