« ドメスティック時差ぼけ | トップページ | 最近のニューワード »

秋の読書メモ

読書メモです。自分が持ってきた本もまだまだいっぱいあるのに、こっちにいらっしゃる方にお借りしたり、お願いして日本から新刊を買ってきていただいたり。

未読としては、『下町ロケット 』が楽しみです^^

それから話題の?Kindle Touch、予約してしまいました!

11月発売。はじめての電子ブック専用機購入ですが、はたしてマイライフスタイルになじむでしょうか・・・?

【101】~【103】 『1Q84』 村上春樹 ★★★☆☆

全3巻。ラッキーなことに、お借りすることができましたhappy01世界観が『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』から変わっていないような。この秋、3巻分が1冊になった英語版が出ました。でも、「1Q84」と「1984」がかかってるのって、日本語じゃないと通じないよーな・・・coldsweats01

【104】~【105】 『ココ・アヴァン・シャネル』 エドモンド・シャルル=ルー ★★★☆☆

映画に興味があったのだけれどもNetflixで見あたららなかったので。決して恵まれた環境に生まれたわけではないのにファッション界に革新を起こし、シャネル帝国を築き上げていきます。

【106】~【109】 『テースト・オブ・苦虫』 町田康 ★★★★☆

もう、町田さん節を味わいたい、ただそのために読んでます。脳と手(執筆)直結型の文章。麻薬のようです。

【110】 『心臓に毛が生えている理由』 米原万里 ★★★★☆

万里さんの新作がいまでも読めるだけで幸せ。

【111】 『グレート・ギャツビー』 フィッツジェラルド ★★★★☆

ウディアレンの新作『ミッドナイトインパリ』でスコット&ゼルダ夫妻が出てきたので読みたくなりました。フィッツジェラルドはミネソタ出身なんですね。中西部の良心vs東部の虚栄?わかります。近々ケネディセンターでバレエが上演されるもよう。村上春樹訳も興味ありです。

【112】 『人生を救え!』 町田康×いしいしんじ ★★★☆☆

こちらもゆるく。目で読む「タモリ倶楽部」のようなものです。

【113】 『【新しい】新しい単位』 世界単位認定協会 ★★★★☆

こちらもお借りしました。「1パイナポー」という単位がお気に入りです。

【114】 『音楽』 三島由紀夫 ★★★★☆

虚言癖のある美しい麗子。若き日の葉月里緒菜がやったらとてもよく似合うはず。三島さんのはまだまだ未読がある(が、限りはある)のでちびちび楽しみたい。

【115】 『冬のはなびら』 伊集院静 ★★★★☆

書の額を作る仕事をしている若者が主人公の話が心に残る。

【116】 『やってみなはれ みとくんなはれ』 山口瞳×開高健 ★★★★☆

サントリーはほんとに懐が広いね。会社の成功もすごいけれど作家を次々と輩出している会社なんてほかにあるかな。

【117】  『ラストワンマイル』 楡集周平 ★★★★☆

『1Q84』と並行で読んでたのですが、こっちのほうが面白かった。

【118】 『発明マニア』 米原万里 ★★★★★

万里さんの抱腹絶倒の発明案がぎっしりです。アメリカへのコメントがやたら厳しいのがおかしい。「アメリカに攻撃されないよう、すべての国がアメリカに併合されてしまえばよい。究極のパックス・アメリカーナである」ってcoldsweats01

【119】 『言葉を育てる』 米原万里 ★★★★☆

またまた万里さんの対談集。児玉清さんとの対談も。

【120】 『セーフティネットの政治経済学』 金子勝 ★★★☆☆

あっ、硬い(?)本、これだけだ・・・。金子さん、Twitterフォローしてます。

« ドメスティック時差ぼけ | トップページ | 最近のニューワード »

コメント

>【113】 『【新しい】新しい単位』 世界単位認定協会 ★★★★☆
これ、面白そう!bookoffにあるかなぁ。

あるといいね~。さがしてみてください!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドメスティック時差ぼけ | トップページ | 最近のニューワード »