« 秋の読書メモ | トップページ | Eビザ再々々入国 »

最近のニューワード

ひさびさに、こちらに来てから覚えたニューワードシリーズshine

・POTUS

 大統領のこと。ラジオでぽーたす、ぽーたす連呼されているのに、人に言われるまで気づきませんでした。なぜPOTUS?と思ったら、「President of the United States」の略だそうです。納得。

・AWOL

 えーうぉる、と読みます。こちらもラジオで。「Absent Without Official Leave」の略で、つまりは無断欠勤。ニュースの内容はうろおぼえなのですが、軍隊の若者が勝手に抜け出した上に犯罪をしでかした、というお話でした。略語になってるくらいだからよくあるのでしょうか。

類義語?に「MIA: Missing In Action」があります。こちらは「行方不明」。ニューヨークはブロンクス動物園から逃げ出したコブラの名前募集があったのですが、見事採用された名前が「MIA」でした。うまい!

・Pollyannaish

  「よかった探し」で日本でも有名な『少女ポリアンナ』より。意味は、「ポリアンナ的に過剰なまでにポジティブなこと」。日本と同じような取られかたをしているようで、うけてしまいました。けっこう昔からある表現とのこと。

・Proofer

  こちらはちょっと旬が過ぎてしまった感がありますが。「オサマ・ビンラディンが殺害されたという証拠(proof)をかたくなに求める人々」。

「オバマ大統領がアメリカ生まれであるという証拠をかたくなに求める人々」という意味の「Birther」という言葉がありましたが、あの二番煎じみたいなものでしょうか。このパターンだといくらでも新語が作れそう。

・Cherry blossoming

  日本語の「サクラ」からですよ!企業がTwitterやFacebookをはじめるとき、フォロワーや「いいね!」の数があまりにも少ないと企業への期待も盛り上がらないため、フォロワーや「いいね!」と数百、数千とまとめて売る業者があるそうです。まさにサクラ。

ちなみに、来年は日本がワシントンに桜を贈ってからちょうど100周年になります。お祭りも一段と盛大になるのでは。今から楽しみですcherryblossomcherryblossomcherryblossom

« 秋の読書メモ | トップページ | Eビザ再々々入国 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の読書メモ | トップページ | Eビザ再々々入国 »