« まあまあ読んでます | トップページ | ハドソンリバー »

コンサートメモ♪

ケネディセンターの会員権の更新時期。何度も何度も「継続を!」のDMが届いて、どうしようかなあと迷っていたいのですが、日本では年末おせち問題で世間をお騒がせしたGrouponが、ケネディーセンター会員権半額クーポンを展開していたのでおもわずぽちっと更新してしまいました。ああ、なにかとキャンペーンに乗りやすいわたくしfoot

と、ここで、ほぼ自分用メモなのですが、コンサートの記録をしておきます。

あとで思いついたものは後日追記で。。pencil

【シカゴ響コンサートホール】

◇Music by Berlioze

Symphonie fantastique

Lelio, or the Return of Life

Conductor: Riccardo Muti(←指揮台から落っこちてあごの骨を折る前の元気なお姿), Narrator: Gerard Depardieu(←豪華), Tenor: Mario Zeffiri, Bass-baritone: Kyle Ketelsen, Chicago Symphony Chorus

◇Mitsuko with Muti

ムーティ氏と内田光子氏の夢の共演!しかも曲が最高に好み!・・・のはずだったのですが、コンサート2日前にMuti氏が指揮台から転倒し重傷、手術&入院によりなんと内田光子氏が自ら指揮。

Music by Wolfgang Mozart

(ほんとうはシューベルトのピアノコンチェルトの予定でしたweep

 Divertimento in B-flat Major, K. 137

 Piano Concerto No.11 in F Mojor, K.413

 Shostakovich

Symphony No.5 in D Minor, Op. 47

(これは大好きなので満足notes

◇Haitink Conducts Mahler 9

いやあ、シカゴ響で今までみた中で(といっても数回ですが)観客の熱狂度No.1だったかも。しかもハイティンク氏、御年82歳とは思えない動き!まったくおじいさんじゃなくて、背筋もしゃんとのび、かくしゃくとしてました。指揮者ってご長寿な人多いですよね。あれ、全身運動だからかなあ。インターミッションなし90分を振りきった後も、余裕で観客に笑顔を振りまいてました。さすがにアンコールはなし。 

Mahler: Symphony No.9

【ケネディセンター】

◇Madama Butterfly by Washington National Opera

えーと、指揮者がドミンゴでない回に行きました。(by Philippe Auguin)ドミンゴ様は3回しか振らなかった。ピンカートンさんはやっぱりロクデナシだったが、日本人がしぐさの指導をしたとかで、みなさんのお辞儀とかが非常に自然でした。しかし、衣装はチャイナ風であった。

Puccini Madama Butterfly

◇Evgeny Kisssin, Piano

オールリストプログラムでした。何曲もアンコールしてくれて(「愛の夢」とか。べたですが)よかったなあ。もしゃもしゃの髪の毛は子供のころのまま。

Liszt

  Etude d'execution transcendante, S.139, No.9, "Ricordanza"

  Piano Sonata in B minor, S.178

  Funeralles from Harmonies poetiques et religieuses, S.173, No.7

  Venezia e Napoli, S. 162

◇Anne-Sophie Mutter, violin

彼女もサービス精神旺盛で、アンコールを何曲もしてくれました。 ムター女史といえばプレヴィンが元夫で、その元妻がミア・ファローで、その元パートナーがわたしの敬愛するウディ・アレンなんだよなあ。うふふ。とちょっとうれしくなってしまいました。

 Brahms:  The Complete Violin Sonatas (Nos. 1, 2, 3)

◇National Symphony Orchestra: Kurt Masur, conductor / Sarah Chang, violin, plays Bruch

  Mendelssohn:  Overture to Ruy Blas, Op. 95
  Bruch:  Violin Concerto No. 1 in G minor, Op. 26
  Brahms:  Symphony No. 1 in C minor, Op. 68

Conductor: Kurt Masur(とてもおじいちゃんになっていてびっくりした), Violin:
Sarah Chang

◇Fortas Chamber Music Concerts: Yo-Yo Ma, Emanuel Ax, Kalichstein-Laredo-Robinson Trio

COUPERIN Five Pieces for Cello and Piano
SCHUMANN Adagio and Allegro in A-flat major
MENDELSSOHN Trio in D minor, Op. 49
BEETHOVEN Cello Sonata in A major
Song of the Birds

J.F.ケネディ大統領就任50周年記念の一環で、カザルスのホワイトハウスでのコンサートトリビュート。

◇The Washington Chorus: The Essential Rachmaninoff: Julian Wachner, conductor, Chard A. Johnson, tenor, Grace Cho, piano, Julian Wachner, piano, The Washington Chorus

Vespers (All-Night Vigil), Opus 37
Symphonic Dances for 2 Pianos, Opus 45

瞑想している気分になります。(寝ないように注意)2台ピアノも聴けてお得な気分でした。

【ストラスモア(メリーランド州ベセスダ)】

◇NHK Symphony Orchestra of Japan with Andre Previn

なんと震災直後にN響が来てくれました。ううう。日本人で埋め尽くされているかと思ったら(というか、そもそもそんなにいないか)アメリカ人ばっかりでした。

 Elgar:  Cello Concerto
 Prokofiev:  Symphony No. 5

Conductor: André Previn, Cello: Daniel Müller-Schott

◇Emanuel Ax, piano

しばらく見ないうちに日本の大企業の事業部長、みたいな風情になってました。奥さん日本人だからかなあ。

  Schubert:  Sonata in A Major, Op. 120
  Chopin:  Polonaise-Fantaisie, Op. 61
  Chopin:  Four Mazurkas
  Chopin:  Andante spianato & Grande Polonaise, Op. 22

◇Marc-Andre Hamelin, piano

 Haydn:  Variations in E Minor, Hob.XVI:34
 Schumann:  Carnaval, Op. 9
 Woppe:  Passacaglia from Four Studies on Basic Rows, Op. 23
 Faure:  Nocturne No. 6, Op. 63
 Liszt:  Reminiscences de Norma, S.394

« まあまあ読んでます | トップページ | ハドソンリバー »

コメント

ちは。

たのしそうですね!

文化的生活でうらやましいです。

こっちは・・、なかなか990がとれんくて、TOEICの呪文から離れられません。
もういいかな~って感じ。

またまた♪

クラたん

TOEIC、こだわらなくてまったくノープロブレムだと思うけど、趣味の一環としてはいいかも。それよりKindle買っちゃいそうだよー。そしてバーチャル積ん読生活に突入しそう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まあまあ読んでます | トップページ | ハドソンリバー »