« ホワイトハウス正面 | トップページ | Curtain up! »

中国の母は強し

今、アメリカでとっても話題のAmy Chua氏。彼女が出した中国式エリート教育の本『Battle Hymn of the Tiger Mother 』(※彼女はたんなる回顧録であるといっているのですが、世間では教育本と取られているようです)が「スパルタすぎだ」「子供がかわいそう」と全米で大論争を引き起こしていて、TVでもちょくちょく彼女の顔を見る機会がありました。

そんな彼女がDCの本屋さんに来てスピーチ&サイン会をするというので、もちろん出席。カフェが併設でお気に入りの場所なのでスピーチもよく顔を出しているのですが、こんなに人が多いりなのははじめて!いつもは、近所のひまなおじいさん・おばあさん中心といった風情なのですが、今回はまさに老若男女のミックスで、学生さんも、赤ちゃん連れのパパママもたくさんいました。さすが教育立国、アメリカだけあって、みなさんご関心が強いようです。あとは、DCってアジア人の比率が低いのですが、よくこんなに集まったな~、というくらいアジア系の参加が多かったです。

で、どれだけ人が出ていたかというと:

まずは本屋さん入り口。

026

小さな本屋さんなのに、人が多すぎて先が見えません。

遠慮がちに人並みをくぐり、お店の中ほどへ。

027

・・・まだ見えません。

あきらめて、本読んでる人もいます。赤いシャツにめがねのお兄さん、方向違います。

029

同じ店内なのにテレビモニター出動。よく見えませんが、下には人がいっぱいいます。

030

やっと見えました!一番奥の、青い服を着た女性です。

大論争中の本だけあって、Q&Aセッションでは、好意的なものから敵意むき出しのものまでさまざまな質問が飛び交いました。中には「あなたの本は、今のチャイナブームを反映しているだけであって、あなた自身に注目が集まっているわけではない。1980年代、経済大国に日本に注目が集まっていたのと同じ現象だ。だいたい、アメリカ生まれ、アメリカ育ちのあなたに中国式教育の何が語れるのか?美化しすぎでは?」とくってかかる人も。しかしそこは大物の彼女、どんな質問も無難にハンドリングして、質問者は最後には彼女の意見をサポートする側に。本当に賢い人なんだなあと関心しました。

1時間のセッションが終わるとサイン会。わたしは下のカフェではじまったいつもの「あらびき団」的なOpen Micを見物していたのですが、40分後に会場に戻ってきたら、まだサインしてました(!)

ご興味のある方はぜひどうぞ。現在、米国Amazonで19位です。

« ホワイトハウス正面 | トップページ | Curtain up! »

コメント

おひさしぶりですnote

この本のこと、この週末の新聞で小さく記事が出ていて、
面白そう!と即Amazonで検索しちゃいました。
しかし「うーん…1700円…」と躊躇してしまい、ポチっとできなかったのだけど…bearing
やはり読んでみたいなぁbook
akubinさんも読まれましたか?

Coconutさん

とってもお久しぶりです!お元気ですか?

わたしもこの本興味があったのですが実は躊躇してます。なんだかこちらで叩かれまくっていたのでどうかなあと。。しかも、1位を取ること以外認めない、とか実現困難そうな項目がいっぱいありそうで。。^^;

ファジル・サイが来日した時の渋谷のタワレコ、
思い出しちゃったよ~!
行った時、こんなじゃなかった・・?

ぷりんちゃん

あ、ファジルサイ、そうだったね〜!まったくもって見えなかった気が。。音だけ聴こえて、へんだった(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホワイトハウス正面 | トップページ | Curtain up! »