« ハイヒール・レース | トップページ | ワシントンDC観光 »

ふぃりー♪

日本から1週間お友達が来てました。楽しかった!しかし、お友達到着日翌日から出張で帰宅せず・・・、というあんまりな待遇だったので反省。そのかわり、週末はいっぱい遊びました。

日曜日にふぃりー(フィラデルフィアの愛称)に行きました。そう、あのクリームチーズで有名なクラフト社がある、あのふぃりーです。日本を発つころ、女子が一所懸命「フィリーって、呼んでねnotes」と語りかけるフィラデルフィアクリームチーズのCMがありましたが、この呼称は定着したのでしょうか。

ふぃりーは、DC⇔NYバス路線の途中にあります。片道3時間の予定がすごくすいていて、2時間半くらいで到着。お昼前に街中へ。「Reading Terminal Market」にてブランチ。

Reading Terminal Marketはデパ地下のような感じで、小さなお店がひしめき合っています。とりあえず、人が行列していた「Down Home Diner」に並んでみます。ジュークボックスがあって、木のボックスシートにカウンター、と古きよきアメリカなイメージ。

フィラデルフィア名物「チーズステーキ」(細切れ肉とたまねぎにチーズをからめたものをホットドッグ状にはさんだもの)を食べてみたかったんだけど、メニューになかったので、「チーズステーキスクランブルエッグ」とバターミルクパンケーキを注文。飲み物は「200マイル底なしコーヒー」。要は、おかわり自由のふつうのコーヒーですねwink

001

絵的にはあれですが、おいしかったです!つけあわせはフレンチフライと甘く煮たりんごapple

おなかいっぱいになったので、腹ごなしがてらにリバティ・ベル見学へ。

002

割れてます!アメリカの独立の象徴だそうで…。近くのおみやげショップにもインディペンデンスを高らかにうたうグッズが目白押しでおいてありました。修学旅行風の集団もあり。アメリカ人にはぐっとくるものがあるんだろうなー。

おつぎは今回のメインイベント、フィラデルフィア美術館訪問ですsign01きゃー。

005

この階段は、ロッキーで使われたそうです。向かって右手にあるロッキー像の前でガッツポーズを撮って写真を撮る人続出だったのでわたしたちも撮ってしまいました。いえーい。近くにいた、ボクサートレーナー風のおじさんが撮ってくれました。

フィラデルフィア美術館はアメリカ5大美術館に入るそうで、期待が高まります♪

古典より近現代ものが好きなので、コンテンポラリーアートの企画展へ。Michelangelo Pistoletto氏というはじめて聞くアーティストでしたが、白黒反転映画、鏡に紙をはりつけて描いた絵、れんがを布でくるんだものの集合、点の集合で描いた人体のシルエット、などなどかなりおもしろかったです。

007

鏡が好きみたい。

常設展もさすがの充実で、美術の教科書に載ってるような絵がふつうに(廊下とか)にばんばん置いてあって、さすがの貫禄でした。あっという間の3時間。最後にミュージアムショップで赤い板を組み合わせてでできたトナカイを購入して大満足でした。命名:フィリーちゃん。

外に出ると、ちょうどいい感じで黄昏どき。微妙に夕焼けになってて、すごくきれいでした!DCみたいに建物の高さ制限がないせいか、高層ビルも適度にあって、新鮮。ミニシカゴ、といった風情でした。

010

階段ではなぜか2人のラッパーが自作ビデオ撮影でした。お友達は「リアルYO!YO!」がみれた!」と大よろこび。

日曜だからなのかダウンタウンはあんまり人がいなくて、クローズしているお店も多かった。頼みの綱のダンキンドーナツは開いてたので(でも18時で閉店)、すがるように入ってアメリカンドッグ味のドーナツボール3つとふつうのドーナツを食べる。

バスターミナルでは、念願の(ホットドッグ状の)チーズステーキを売ってる屋台があったので迷わず購入。「さっき食べたのに…」と半ばあきれられながらも完食。やっぱり名物は食べたいので。。coldsweats01バスで寝てたらすぐDCに到着。

DCに来てから、DCにはまっていたので(今もはまってますが)あんまり旅行欲がなかったんだけど、もう来てから半年になるので、そろそろほかのところに旅行にいってもいいかな~という気になってきています。

グランドキャニオンとかの基本的なところにも行ったことないし。アメリカ国内もいいけど、地の利を生かしてまだ見ぬ南米やアフリカもいってみたいです。あと北欧も。ってアジア以外ほとんどでは…。という気もしますが。

日本にいるときより休みが取りにくい環境にあるのであんまり遠出はできないかもしれないけど、機会をみつけて遊びにいくぞー。rvcarairplaneshipdash

« ハイヒール・レース | トップページ | ワシントンDC観光 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハイヒール・レース | トップページ | ワシントンDC観光 »