« 先週と今週 | トップページ | 魚雷工場美術センター »

ケネディセンター

ケネディ・センターの会員になってはや3ヶ月。やっとその恩恵をいかんなく発揮する時期がやってきました!NSO(ナショナル・シンフォニー・オーケストラ)のシーズンが秋からはじまるのですが、そのチケットが8月に発売開始されるのです。で、ありがちなんだけど、会員が先行発売なので、ヨーヨー・マとか有名どころがくる場合は会員または会員の友達がいないと、チケットを購入できない可能性が高い。前回のヨーヨー・マのDC公演時には、気づいたときにはSold outになっていたので、今回は確実に買えるようにと虎視たんたんとねらっています。

10~11月にかけて、プロコフィエフのプログラムとベートーベンの第9(そう、年末に第9をやるのは日本だけみたいなので、普通の日にやります)は買ってみました。今後も、いろんなチケットが五月雨式に売りに出されるのでちょこちょこ買うと思います。

わたしは「Sustainer」というエントリーレベルなのですが、会員証・バッヂとともに届いたパンフレットには、「上位会員になるとこーんなにいいことがありますよ」と甘い言葉が。なんでも、リハが見られたり、公演前や幕間にラウンジサービスがあったり、いろいろ特典がつくみたいです。チケットをオンラインで購入するときも「会員のアップグレード」ボタンが必ず出てくるのでいつもぽちっと押したい衝動にかられるのですが、9月に入るまではいずれにせよコンサートがないので(ウルフトラップという野外劇場ではやってますが)、もう少しゆっくり考えます。

さて、以下はメモ代わりにいままで行ったコンサート。

1回目は、マットレス屋と戦っていたため、1時間近くの遅刻。ほかに遅れてきた人たちと一緒にモニターで演奏状況を見た後、インターミッションで入れてもらったのですが、だいたい、ソロイストが出てる目玉の演目って、インターミッションの前にやりますよね。。というわけで、1回目は不完全燃焼。モニターを通して聞く限りではすごいいい曲だった。くやしい。

◆1回目  John Adams, conductor/Leila Josefowicz, violin

BRITTEN - Four Sea Interludes from Peter Grimes, Op. 33a
ADAMS - The Dharma at Big Sur
STRAVINSKY - Feu d'Artifice
ADAMS - Doctor Atomic Symphony

◆2回目  Kristjan Järvi, conductor/ Evelyn Glennie, percussion, plays Tuur

GRIEG - Lyric Suite
TüüR - Symphony No. 4 "Magma"
BERNSTEIN - Candide Overture and Suite
ELLINGTON - Harlem

◆3回目  Juraj Valcuha, conductor/Jennifer Koh, violin, plays Szymanowski

HAYDN  - Symphony No. 85 "La Reine"
SZYMANOWSKI - Violin Concerto No. 1
MAHLER - Symphony No. 1

« 先週と今週 | トップページ | 魚雷工場美術センター »

コメント

ケネディセンターで検索して来ました。
日本にいるとクラシックを聞くのにハードルが多すぎる気がします。
ほんと欧米の環境がうらやましいです♪

えりまきさん、どうもありがとうございます!
確かに、日本よりコンサートにいく機会がふえましたね~…。
特にオペラは、日本で1本見るより、欧米に行ってたくさん見たほうが下手したら安上がりだったり…なんてこともありますねcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 先週と今週 | トップページ | 魚雷工場美術センター »