« さぼってました | トップページ | 雷雨前 »

『マチステの地獄征伐』(1925、イタリア)

週末、ものすごい映画をみました。

その名も『マチステの地獄征伐』(Maciste in Hell/Maciste all'Inferno)。1925年(!)のイタリア映画です。当然、TSUTAYAにも、netflixにもありません。古すぎて。

1925年っていったら、日本ではやっと普通選挙がはじまった頃ですよ!そんな大昔にできた映画はさすがにスルーするところでしたが、これが、「無声映画+ピアノ生演奏つき」だったのですshine

「はずれたらどうしよう」と若干不安だったのですが、冒頭から終わりまで荒唐無稽な展開で「どうなる!どうなる!」と食い入るように見ていて、あっという間の90分でした。

ストーリーは古典的で、イタリア人なのになぜかイギリスで平和に暮らすちょっと荒っぽいけど気のいいマッチョ、マチステが、悪魔の使途に地獄に連れて行かれ、ばっさばっさと悪魔集団をやっつけて、無事地上に戻るという展開です。でもね、影像がまたシュールで凝ってて最高なのです。白黒映画なのに、地上は黄色がかった画面、地獄は赤、その他青い画面もあってとっても幻想的。当時の特撮技術を駆使して、巨人も、ねんど風ドラゴンも(空を飛びます!)、悪魔をいりこのようにわしわし食べる大悪魔もでてきます。悪魔の特殊メイクも本格的でひげもじゃにしっぽにU字型のやり。ダンテの世界がそのまま影像になったような感じです。あと、悪魔がにらみを効かせるとバラがみるみる枯れて花びらが床に落ちるし(昔のモービル石油の宣伝はぜったいこれをまねしたんだと思う)、悪魔は(体の支え棒がうっすら見えつつ)飛びますし、火とともに消えたりします。当然CGが存在する前の話なので、どんだけアイデアマンが集まって作ったんだ!とその想像力に驚かされました。

映画なのに5幕構成で、「第1幕の終わり」「第2幕開始」なんてスクリーンが出るし。そしてピアノの生演奏ですからね~。もう映画というより、歌なしのオペラ?に近い感じです。

伴奏は、ピアノ+ときどきトランペットという構成でしたが、「映画にあわせてピアノを弾く人」を初めてみたので、これまた新鮮。すごいの、90分(正確には96分)、1人の人が映画の画面みながらタイミング合わせてずーっと切れ目なく曲を弾いていきます。これがまた音符の多い装飾装飾したラフマニノフ的な曲で。。よくずっと弾いてられるなー。もちろんスコア見てないしね。これって、楽譜あるのかな?ひょっとしたら即興だったのかな?うーん、どちらにしてもすごかった。映画が終わった後は、「おつかれさま」の意味もこめて、スタンディングオベーションでした。ちなみにこの方、今週末も別の演目で映画のピアノ伴奏やるみたいです。映画の長さのレパートリーをいくつも持ってるって、すごいよね。。やっぱり即興なのかな。

字幕も秀逸でした。イタリアの無声映画なので、影像の合間に画像が切り替わってイタリア語で台詞が映し出され(台詞のまわりの装飾画がまたキレイ)、その下に英語字幕が映し出されます。

この英語の字幕が、「そのころ、地獄政府では・・・」とか、「選挙に落ちたため反抗的な悪魔がおり…」とか、大げさな割りになんだか投げやりな訳で、観客がげらげら笑ってました。「地獄でもやっぱり女は浮気をしている」に至っては、すごい完全な決めつけだし。って、原文がそうなのでしょうけれども。

フェリーニが大ファンだったという『マチステ』シリーズ。(そう、これはシリーズものなのです。)「ソード・アンド・サンダルもの」というジャンルに属するそうです。『スパルタカス』とか『300』の仲間ですね。

ちなみに、上映は、ナショナルギャラリーでした。ということで無料。

◆ナショナルギャラリー・夏の映画シリーズパンフレット

005

これからもついていきます…heart04

« さぼってました | トップページ | 雷雨前 »

コメント

『ナマステの地獄征伐』と読んでしまった自分の教養のなさが恥ずかしいです。

あ、でもインド映画の邦題でありそう(笑)

>きちよむ先輩、

わかります。あの、すでに自分が知っている単語、あるいは興味のあることに結び付けて頭の中で自動変換しちゃうんですよね。わたしも、何度も「マチアス」って間違って書いては消し、書いては消しを繰り返しました…5回くらいcoldsweats01

インド映画、確かにありそう。
先日『その名にちなんで』を見ました。泣けました。

これ、なんかだいぶ前に観たことある!
急に思い出しました!!

確か、京橋のフィルムセンター。

もちろんピアニスト付き(日本人)です♪
ほんとは弁士もつくんじゃないかな・・?

でもスタンディング・オベーションとかはなかった。
こちらは冷めててピアニストもモチベーション上がんないだろうなぁ~。
(というより、客がとにかく少なかった。)

>ぷりんちゃん

!あのね、映画見ながら「これ、ぷりんちゃんだったら映画一本分弾けそうだな~」って思いながら見てた!

これみてたなんてやっぱりツウだね☆

京橋のフィルムセンターいいよね~
昔の映画見るのには最高だね。なつかしいな。

日本でも弾ける人いるんだ!?
お客さん少なかったなんて、もったいない。。
ピアノ生演奏でぜいたくだし、映画も最高におもしろいのに!(マチステが随所にみせる「にやり顔」が忘れられない…notes

横から・・・。実は私も『ナマステの地獄征伐』と読んでしまいました。
「あれれれれ?」てな感じで読み返してみたら、違ってました。
でも、今よくよく見たらまったくそんなふうには見えないですね。
空耳アワーじゃないけど、ぱっと見の先入観て面白いかもっ!

「ステ」という後ろのほうに先に目が行くのがおもしろいね~。わたしは前方注意型らしい。個性が出ますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さぼってました | トップページ | 雷雨前 »