« 米国ビザ面接体験記(前編) | トップページ | 大量に日本語の本を買ってみる(その後) »

米国ビザ面接体験記(後編)

【2F 面接】
書類チェック会場よりさらにがらがら。ブースは3つ、私の前に並んでいる人は2名ほど。断られた風の人(英語で何かまくしたてられており、申請者はだまって帰って行きました)あり、日本語で面接している人あり。
  
わたしは、若いブラックの男性面接官。
はじめに日本語で、指紋を取るように指示。4本ず左右)→親指(左右)。
右の親指がさかむけしていたためつけていたバンドエイドを外すと、新しいバンドエイドをくれる(!)

以下、質問は英語。

- ○○社は何をする会社か?
- 米国では何年ほど働く予定か?
- 部下を監督するポジションになるのか?米国で部下はつく予定か?
- 現在の部下の数は?                                                                                                                                                                                                   - 米国の肩書を見ると、昇進のように見えるが?   

→「いえ、日本での肩書は同じです」というと、「それはアメリカでは『More responsibility, same salary』というんだよ!」と笑われました…。(アメリカンジョーク?)
   
と、場が和んだところで書類に何かハンコを押しながら、「1週間以内にビザを送ります」と言われて終了。

面接時間は指紋採取も含めて5分ほどでした。領事館の建物を出て、時計を見ると8:50でした。
   
 
うわさに伺っていた「大阪はすいていて、面接もゆるめ」というのは本当だなと実感しました。(東京は3,4時間待ちのこともあるとか。)事情が許せば、大阪での面接も、おすすめですhappy01

« 米国ビザ面接体験記(前編) | トップページ | 大量に日本語の本を買ってみる(その後) »

コメント

今日、今からEビザ更新の面接に受けに行ってきます。それでブログを拝見いたしました。とても参考になりました。

もう面接は終わってますね!
無事パスされたことをお祈りしてます^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 米国ビザ面接体験記(前編) | トップページ | 大量に日本語の本を買ってみる(その後) »