« 大量に日本語の本を買ってみる(その後) | トップページ | Who's afraid of Virginia Woolf? »

ワシントンDC、到着!

4月26日、なんとbirthdayお誕生日フライトairplane、ということで、ワシントンDCにやってきました。

結局、手荷物として持ってきた本は500冊弱。スーツケース大×2、キャリーバッグ×1、ボストンバッグ×1、ショルダーバッグ×1、ダンボール箱×2、小型カート1、という、ちょっとした家族並みのボリュームです。成田でよく、巨大なダンボールをカートに乗せてる外国人を見て、どういう人なんだろう?と思ってたけど、いまわかりました。私のような人ですね。

成田の税関では、生まれてはじめてゲートに呼び出され、預けた荷物をあけられました。たぶん、渡航暦は100回を超えてると思うのですが、なぜ引っかかったかというと…。ノートPCのリチウムバッテリーパックを単独でスーツケースに入れていたからでした。バッテリー単独で預けるのは禁止されてるそうです。「PCにバッテリーをつけて預けるか、機内持ち込みにすればOK」とのことでしたが、会社のPCなので預けて壊れたらやだなあと思い、機内持ち込みに。Let's note3台が入ったボストンバッグがさらに肩に食い込む…。助けてー。

さて、東京→ワシントンDCは直行便。機内では映画も見ずにひたすら本を読んでました。あまりの荷物の重さに辟易して、少しでも総重量を減らしたかったからです。って、なんか矛盾してる気がする。

12時間のフライトの割に時差ボケにもあまりかからず、ダレス空港へ到着。小雨でグルーミーな雰囲気です。入社以来、東南アジアの仕事ばかりしていて、到着したときのあの明るい感じ(某ハノイは除く)を期待していたのですが、さすがワシントン、地味です。人がいない。本当に首都なのか。うーん、アメリカってこんなんだったっけ。

今回おもしろかったのは、飛行機からターミナルへの移動。降機した旅客は、エレベーターを待つような場所に連れて行かれます。目の前に白いドアが2つ。しばし待つと、その両方のドアがさーっと開いて、入るように促されます。明らかに乗り物なのですが、バスなのか電車なのかわからない。普通、バスや電車は側面から乗り込みますが、これは車体の真正面から乗り込む仕組み。乗客が全員入ったところでエレベータ風のドアが閉まり、車体全体が1階分くらい上にあがります。「?」と思ってると、動き出しました。レールの上を走っている感じはないので、バスみたいです。しかし、運転手はどこにいるの?無人?or1階?と思っているうちにターミナル到着。

イミグレも税関もほぼスルー。税関では「このダンボールなに?」と聞かれましたが「本でーす。」といったら通してくれました。ほんとうは、日本から持ってきた薬(昨年、首を痛めたなごりで服薬中)で引っかかったらどうしよう、と思ってたのです。よかった。

大荷物をタクシーに入れて、一路バージニア州へ。え!ワシントンDCじゃないの!?と思う人もいると思いますが、ワシントンDCのホテル、300ドル、400ドルは当たり前!の世界で、会社の規定内で泊まれるところを見つけられなかったからです・・・。でも、DCって「霞ヶ関+永田町」、のようなものでものすごく小さいので、駐在員も北側のメリーランド州か南側のバージニア州に住むことが多いそうです。パキスタン人のフレンドリーな運転手さんといろいろお話してたらすぐ着きました。しかし、「時代はブラックベリーからiPhoneになってるよ」という話にはがっかり。会社のケータイがiPhoneなのですが、プライベートはブラックベリーにしようと思ってたんです。タイプしやすそうだから。スクリーンタッチでメール書ける自信ないよー・・・despair

ホテルはマリオット系で、正規料金で350ドル/泊も取るのに、びっくりするくらいさっぱり。ベルボーイもいない。大量の荷物を目前に「・・・わたしはどうしたらいいのでしょう」というと、フロントのお姉さんは「そこのカート使っていいわよ」。・・・はい、自らベルガールをやらせていただきました。生まれて初めてです。カートをあっちこっちにぶつけながらじぶんの部屋に到着。あー、アジアのホテルがなつかしい!

のどが渇いたので飲み物コーナーにいったら、590ml入りペプシが2ドル。うーん、こんなに高かったっけ。。アメリカは留学後も数回行きましたが、物価感覚が留学時代のものなので、すごく違和感。コークといえば1本50セント、クオーター2枚入れると出てくるものでしょう!と思っていたのですが、あれからずいぶん経ってるし、この価格、ほんとうに物価が上昇したのか、ホテルならではのプレミアム価格なのかわからない・・・。

そして、同日、それは後者であることが判明したのでした。

(つづく)

« 大量に日本語の本を買ってみる(その後) | トップページ | Who's afraid of Virginia Woolf? »

コメント

birthdayお誕生日おめでとうございます。
ワシントンDCに、無事到着ですね^^。
さて・・
これから、どのような展開になるのか楽しみにしています。
お気をつけて・・(*゚▽゚)ノ。

コウキさんへ

わーい、DCネタ初コメント、どうもありがとうございます☆

はじめは何を見ても珍しいのでちょこちょこアップすると思います。気長におつきあいくださいnotes

HB!

本、すごいね。

ぼくは買ったけど読んでない本がたくさん。
GWに読もうかとおもってます。

無事に渡米できたみたいでなにより♪

渡航歴が100回以上ってあなたはいったい何者?lovely
バージニア州っていうのがどのあたりになるのか良く分からないのですが、typhoonま、とりあえず、無事にご到着はなによりです。iPhoneにする予定はないのですが、電子辞書代わりにiPod touchにする予定です。scissors

>halくん

このあいだはどうも☆

GWは思い通りに進んでる?(知ってると思うけど、こっちはないぞー(泣))GWって、まとまった時間があるから本読むのに最高だよね。楽しんでにゃ。

>Leonieさん

ええ、はじめは趣味であちこち行ってたんですけど、最近はほとんど仕事ですねぇ。。とほほ。

バージニアでわたしが住もうとしてるところは、DCから電車で10分~20分いったところですよ。思い切ってDCに住んでもいいかなと思ったのですが、住宅エリアのほうがやっぱり落ち着く気がして。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大量に日本語の本を買ってみる(その後) | トップページ | Who's afraid of Virginia Woolf? »